ひらがな

テクニック(右腕)

「漢字」を使い過ぎてはいけない! 「ひらがな」とのバランスを考えよう

文章を書いているとき、「ここはひらがなと漢字のどちらがよいか」と悩む場面があります。たとえば、「ためらう」と「躊躇う」は同じ言葉ですが、読者にはまったく違う印象を与えます。そのため、どちらが適切なのかを迷ってしまうのです。