句読点

テクニック(右腕)

どこに置けばいい? 読点の利用法

ライティングにおいて、読点の使い方というのは意外と難しいところです。どの程度の頻度で利用するべきなのか、どこに利用するべきなのかなど、ルールが曖昧というのも原因でしょう。結論から言えば、読点の使い方に決まりはありません。読点の役割として、「文の調子を整える」「文の内容を明確にする」といったものがあります。