客観

テクニック(右腕)

客観か主観か?重要なのは混ぜないこと【後編】

ライティングの仕事において、客観的な表現を求められることが多いのは事実です。しかし、客観的な表現が不要かと言うと、そういうわけではありません。ライティングの仕事でも、主観的な書き方が求められる場面はあります。たとえば、旅行に関する「実体験にもとづいた記事」などは主観的な表現のほうが好まれます。
テクニック(右腕)

客観か主観か?重要なのは混ぜないこと【前編】

文章には必ず「視点」があります。どのような視点から書かれた文章なのかで、内容は大きく異なります。視点は「主観」と「客観」の2種類に分かれます。文章を書くうえで、主観と客観のどちらかが優れているということはありません。それぞれに効果的な使い方があるため、書き手が必要に応じて使い分けることが肝心です。