接続詞

テクニック(右腕)

「逆接」はここぞというところで!

逆接とは、それまでの話の流れを断ち切って、否定したり打ち消したりする文の書き方です。書き方は、「しかし」「ところが」「ただし」といった接続詞を用いる方法と、「~だが」「~だけれども」「~にもかかわらず」といった形で一文の途中から始める方法があります。
テクニック(右腕)

接続詞をどんどん使おう!

ライティングにおいても、接続詞を上手に使うことで、スッキリとした文章を書くことができます。また、前回お話した「支離滅裂な文章」を書くリスクを減らすことも可能です。今回も例文を使って説明しましょう。