日本語

テクニック(右腕)

「意味不明な文」よりも「支離滅裂な文章」に気をつけよう!

日本人として生活していると、意味の通る日本語を操ることはほぼ必須の能力です。仕事にしても買い物にしても、友人との会話にしても、きちんと意味がわかる文で話をしているでしょう。「仲間うちだから」とか「仕事仲間だから」といった信頼から、多少の省略や崩しはあっても、「何を言っているのか意味がわからない」と本気で返されたりはしないでしょう。
テクニック(右腕)

僕たちは日本語が書けない。

日本国内におけるライティングは、基本的には日本語で書くものです。そして、ほとんどの日本人は日本語が話せるわけですから、誰にでもライティングはできる……というのは大間違いです。