方山敏彦

ホワイトボード・アニメーション

書評動画:【8分でわかる】『99.9%は仮説 思いこみで判断しないための考え方』(竹内薫/光文社新書)

科学的に証明された説は正しい…多くの人がそのように考えているのではないでしょうか。しかし、科学の世界には「本当に正しい」話などありません。信じるのではなく、疑うことこそ【科学の本質】である…本当に科学的な考え方をするために必要な一冊です。
ホワイトボード・アニメーション

書評動画:【10分でわかる】『幸せとお金の経済学』(ロバート・H・フランク)

他人と比較することを目的とする「地位財」は、よりよい仕事や地位を得るために不可欠なもの。しかし、地位財への出費ばかりが増えると、本当に幸せを与えてもらえるものを失う可能性もあります。重要なのは、地位財と非地位財のバランスなのです。
ホワイトボード・アニメーション

【12分で読みたくなる】『これからの「正義」の話をしよう』

現代における正義の話において「自由」は大きな基準になっています。しかし、自由を守るだけで本当に正しい答えを導き出せるのか。自由を語ることで失われる価値観があるのではないか。多様な価値観が認められる社会だからこそ、改めて「正義」を考える必要があると気づかされる一冊。
ホワイトボード・アニメーション

書評動画:【11分でわかる】『実践行動経済学 健康、富、幸福への聡明な選択』(リチャード・セイラー キャス・サンスティーン)

新しい書評動画をYouTubeで公開しました!誰もが無意識に頼ってしまう「自動システム」に抗うのではなく、上手に利用する「仕組み」を作ることができれば、より良い暮らしを送れるかもしれない…そんな希望を与えてくれる一冊です。
書評

書評:『学問のすゝめ』(福沢諭吉/岩波文庫) 初編だけ解説!

言わずと知れた名著『学問のすゝめ』について取り上げていきます。本書は全17編で構成されていますが、今回は特に有名な初編についてのみ解説します。「天は人の上に人を造らず人の下に人を造らずと言えり」から始まりますが、この「言えり」というのは、「言われている」という意味なので、実は本題は次からなのです。
ホワイトボード・アニメーション

書評動画:【10分でわかる】『予想どおりに不合理 行動経済学が明かす「あなたがそれを選ぶわけ」』(ダン・アリエリー)

経済学には「人間は合理的である」という前提があります。しかし、実際の人々の行動には合理性からかけ離れたものも多いです。その理由は、人間が持つさまざまな「習性」「本能」にある…それらは克服すべきものではなく、理解すべきものだと説く本書は、より良い生き方を知るために役立つ一冊です。
ホワイトボード・アニメーション

書評動画:10分でわかる】『新・養生訓 健康本のテイスティング』(岩田健太郎・岩永直子/丸善出版)公式HP掲載!

「健康」は多くの人にとって大きな関心事です。しかし、実際に健康を追求するのは難しいでしょう。なぜなら「本当に役立つ健康法」は簡単に見つからないからです。今回は『新・養生訓 健康本のテイスティング』の内容から、健康に関する情報を見極めるために押さえておくべき5つのポイントをわかりやすく紹介します!
フリーランス

【書評動画】『アマゾンの倉庫で絶望し、ウーバーの車で発狂した』

時代が変わるとともに、働き方も大きく変化しています。今回はイギリスの労働者階級の現状を記した『アマゾンの倉庫で絶望し、ウーバーの車で発狂した』から、いわゆる「自由な働き方」について、まとめてみました。独立したり、フリーランスになったりすることを目指す人は、ぜひ参考にしてみてください。
ホワイトボード・アニメーション

書評動画:【9分でわかる】『すべては「好き嫌い」から始まる』

『ストーリーとしての競争戦略』で知られる楠木建さんが「好き嫌いで考える重要性」について記した一冊。自分だけの基準・価値観を理解し、それに沿って生きていけば、最強のモチベーションで人生を歩めるだろう。
ホワイトボード・アニメーション

書評動画:【9分でわかる】『悪魔を出し抜け!』

誰の心にも「悪魔」は入り込んでくる……自己啓発の祖ナポレオン・ヒルが書いた本書は、その過激な内容により70年間も出版されなかった。ついに明かされた「成功と失敗の法則」は、「習慣」こそ人生を変える力だと教えてくれる。