文章

フリーランス

『ザ・ウェブライティング』(方山敏彦・著)ウェブライターとして生き残るための実践サバイバル術

2020年3月に続編を刊行する予定ですが、執筆にあたって振り返る意味も含めて、改めて皆さんのご意見を伺いたいなと。「こんな内容を次は書いてほしい!」みたいなご要望があれば、できるだけ織り込んでいきたいと思うので、下記に既刊本の目次を掲載しておきます。ご意見・ご感想など、随時受付中です(*'▽')
フリーランス

【僕の履歴書】文章を書き始めて4年目で独立を決意

こんにちは、Webライターのカタヤマです。今回は、私がライターとして独立をした頃の話をしたいと思います。今、会社勤めで複業としてWebライティングに取り組んでいる方のなかには、将来的に独立しようと考えている方もいるでしょう。
テクニック(右腕)

難しい言葉は使わない! 誰でもわかる文章を書く。

ライティングの仕事をしていると、何らかの専門的な知識を求められる文章を書かなければならない場合があります。すると、その分野でしか使われない単語が、文章のなかに現れるようになるのです。
テクニック(右腕)

一文は50文字! 長い文は読みにくい。

文章というのは、たくさんの「文」によって構成されています。そのため、文をどのように繋げるかによって、文章全体のクオリティも変化します。内容に関しては、しっかりと資料をあたったり参考文献を読んだりして品質を向上させることが必要です。
ライティング

Webライティングに関するブログなのに、技術的なことをあまり書いていない件について。

こんにちは、カタヤマです。当ブログはライターのブログなのですが、技術的なことはあまり書いていません。その理由について、今回はお話ししていきます。
テクニック(右腕)

接続詞をどんどん使おう!

ライティングにおいても、接続詞を上手に使うことで、スッキリとした文章を書くことができます。また、前回お話した「支離滅裂な文章」を書くリスクを減らすことも可能です。今回も例文を使って説明しましょう。
テクニック(右腕)

「意味不明な文」よりも「支離滅裂な文章」に気をつけよう!

日本人として生活していると、意味の通る日本語を操ることはほぼ必須の能力です。仕事にしても買い物にしても、友人との会話にしても、きちんと意味がわかる文で話をしているでしょう。「仲間うちだから」とか「仕事仲間だから」といった信頼から、多少の省略や崩しはあっても、「何を言っているのか意味がわからない」と本気で返されたりはしないでしょう。