書評

ホワイトボード・アニメーション

【12分で読みたくなる】『これからの「正義」の話をしよう』

現代における正義の話において「自由」は大きな基準になっています。しかし、自由を守るだけで本当に正しい答えを導き出せるのか。自由を語ることで失われる価値観があるのではないか。多様な価値観が認められる社会だからこそ、改めて「正義」を考える必要があると気づかされる一冊。
書評

書評:『学問のすゝめ』(福沢諭吉/岩波文庫) 初編だけ解説!

言わずと知れた名著『学問のすゝめ』について取り上げていきます。本書は全17編で構成されていますが、今回は特に有名な初編についてのみ解説します。「天は人の上に人を造らず人の下に人を造らずと言えり」から始まりますが、この「言えり」というのは、「言われている」という意味なので、実は本題は次からなのです。
ホワイトボード・アニメーション

書評動画:10分でわかる】『新・養生訓 健康本のテイスティング』(岩田健太郎・岩永直子/丸善出版)公式HP掲載!

「健康」は多くの人にとって大きな関心事です。しかし、実際に健康を追求するのは難しいでしょう。なぜなら「本当に役立つ健康法」は簡単に見つからないからです。今回は『新・養生訓 健康本のテイスティング』の内容から、健康に関する情報を見極めるために押さえておくべき5つのポイントをわかりやすく紹介します!
フリーランス

【書評動画】『アマゾンの倉庫で絶望し、ウーバーの車で発狂した』

時代が変わるとともに、働き方も大きく変化しています。今回はイギリスの労働者階級の現状を記した『アマゾンの倉庫で絶望し、ウーバーの車で発狂した』から、いわゆる「自由な働き方」について、まとめてみました。独立したり、フリーランスになったりすることを目指す人は、ぜひ参考にしてみてください。
ホワイトボード・アニメーション

書評動画:【10分でわかる】『幸福になりたいなら幸福になろうとしてはいけない』

幸せになるために「前向きになろう」とする。そうした努力は本当に有効だろうか? ネガティブな感情は人間にとって本質的であり、切り離すことはできない。「不安」「恐怖」「失望」といった感情に居場所を作れば、人生の新しいあり方が見えてくるだろう。
ホワイトボード・アニメーション

書評動画:【10分でわかる】LIFE SHIFT(ライフシフト)

2017年のベストセラーになったビジネス書「LIFE SHIFT(ライフシフト)」を紹介します。多くの人が100歳まで生きる「人生100年時代」を豊かに生きるには、どのような戦略が必要なのか…重要なのは「無形資産」であり、「再創造」を行うことなのです。
書評

【書評】:『弱者の戦略』 弱者が生き残るためには?弱肉強食の自然界に学ぶ巧みな生存戦略

『弱者の戦略』(稲垣栄洋/新潮選書)は、タイトルから判断すると、一見ビジネス上の弱者が強者に勝つための方法について淡々とまとめられているような印象を受ける。しかし、本書の特筆すべき点は、「生物学」の視点から弱者が生き残る術を考察していることにあるのだ。
書評

【書評】:『FREE <無料>からお金を生み出す新戦略』

『FREE <無料>からお金を生み出す新戦略』 今回は世界25カ国で刊行され、インターネットを通じて起きている変革を見抜き、新しい市場の可能性を示唆したビジネス書を紹介します。
書評

書評:『読みたいことを、書けばいい。』(田中泰延/ダイヤモンド社)

現代ほど「文章を書く人」が増えた時代はなかっただろう。作家やライターを生業にする人だけではなく、ブロガーやコラムニストなどプロとアマチュアが入り乱れる「インターネット」の世界の広がりとともに、「物書き人口」はどんどん拡大している。
テクニック(右腕)

書評はどう書くべきか? コツは「匂わせること」

ライターとしての仕事のなかには、書評と呼ばれるものがあります。何らかの書籍について、その本の特徴やメリットについて紹介したり評価したりするものです。ライティングにおいて、「特定のものを紹介・評価する」というのは、特別なことではありません。むしろ、それこそがライターとしての本分とさえ言えます。