『ザ・ウェブライティング』(方山敏彦・著)ウェブライターとして生き残るための実践サバイバル術

フリーランス

↓拙著はAmazonにて、ご購入が可能です。

『ザ・ウェブライティング』(方山敏彦・著)ウェブライターとして生き残るための実践サバイバル術

2020年3月に続編を刊行する予定ですが、執筆にあたって振り返る意味も含めて、改めて皆さんのご意見を伺いたいなと。「こんな内容を次は書いてほしい!」みたいなご要望があれば、できるだけ織り込んでいきたいと思うので、下記に既刊本の目次を掲載しておきます。ご意見・ご感想など、随時受付中です(*’▽’)

↓解説動画はこちらから↓

【ライター天獄 Vol.01】1話め:自分の本をぶった斬る『ザ・ウェブライティング』
ご視聴いただき、ありがとうございます!なんかグダグダと、15分も喋ってしまってスミマセン笑 動画内で紹介しています僕の本は、下記URLのAmazonから購入可能です。 また、各媒体で情報発信をしているので興味のある方は一度アクセスしてみてください。 ご質問などはこの...

■目次一覧

はじめに 「十三年で書いてきた106,597,000字」

第1章 ウェブライターとして専業化する方法

・最初は誰も信用してくれない

・スタート段階は「とにかく依頼を断らない」

・クライアントとの信頼関係づくりが大切

・プロなら技術や実績はあって当たり前

・自ら仕事を取りに行く姿勢が大事

・スケジュール管理とタスク管理

・ビジネスマナーをきちんと押さえておく

・自分を守るためにも、最低限の法律的な知識を身につける

・専門分野を増やしていく方法

・机まわりの環境を整える

●次の章を読むために クライアントと対等な関係を築く

第2章 兼業ライターとして、しぶとく生き残る方法

・仕事を自ら取りに行くのは専業ライターと同じ

・“兼業”している意味を深く掘り下げる

・ワーク&ワークバランス 本業とのバランスをとりたいなら

・ワーク&ライフバランス 家族と一緒に過ごす時間を大切にしたいなら

・ワーク&クリエイティブバランス 創作活動を天職としたいなら

・無理のないスケジュール管理

・いつまでに何をやるかよりも、何をいつまでに終わらせておくかを考える

・締め切り二日前が基本中のキホン

・欲張るなら、言い訳はできない

●次の章を読むために パソコンひとつで自分の可能性を見つけていく

第3章 長く続けるためには“編集”の経験を積もう!

・ライターとは執筆の技術さえ知っていればいい、というものではない!

・編集者の視点から見たライターのあり方

・“電子出版”をやってみよう!

・作品づくりとポートフォリオの作成

・電子書籍は表紙が“命”

・具体的な出版の手順

・販売価格は適当に決めてはいけない!

・書いて終わりではない

・ウェブ上のプロモーションのやり方

●次の章を読むために 具体的に行動すれば、具体的な答えは必ず返ってくる

第4章 知らないでは済まされない! ウェブライターが押さえておきたい税金と法律の仕組み

・基本的な確定申告の方法

・兼業ライターの確定申告の注意点

・個人事業主としての活動

・法人化するときの基準

・自己判断ではなく、外部の専門家を頼ろう!

・長く続けるためにはリスク・マネジメントが大事

・もしも、ケガをしたときに備えておく

・ウェブライターが活用できる保険

・ライター仲間との情報交換が大切

●次の章を読むために 独立した職種だということを再認識しておく

第5章 ウェブライターとしての進路

・三年後の自分のあり方について考える

・書籍のゴーストライターとして活動する方法

・コラムニストとして活動する方法

・マンガ原作者として活動する方法

・シナリオライターとして活動する方法

・インタビュアーとして活動する方法

・作家として活動する方法

・一度、文筆業から離れてみることもアリ

・ライバルが多くても、書くことへの“情熱”が何よりも大切

・ウェブライターは“AI(人工知能)”に取って代わられるのか?

おわりに 「書くことこそが“あなたの存在証明”」

コメント

タイトルとURLをコピーしました