書評:『学問のすゝめ』(福沢諭吉/岩波文庫) 初編だけ解説!

書評

こんにちは、オーズの方山です。

言わずと知れた名著『学問のすゝめ』について取り上げていきます。

本書は全17編で構成されていますが、今回は特に有名な初編についてのみ解説します。

「天は人の上に人を造らず人の下に人を造らずと言えり」から始まりますが、この「言えり」というのは、「言われている」という意味なので、実は本題は次からなのです。

「されば天より人を生ずるには、万人は万人皆同じ位にして、生まれながらに貴賎上下の差別なく、(中略)されども今広くこの人間世界を見渡すに、かしこき人あり、おろかなる人あり、貧しきもあり、富めるもあり、貴人もあり、下人もありて、その有様雲と泥との相違あるに似たるは何ぞや」

「人学ばざれば智なし、智なきものは愚人なりとあり。されば賢人と愚人との別は、学ぶと学ばざるとに由(よ)って出来(いでく)ものなり

とあります。つまり、人は生まれながらに偉い・偉くない、金持ち・貧乏といった区別はないということですね。

学問をする人が貴人・富人となり、学問をしない人は貧人・下人となると著者は説きます。

そして、学問というのは単に難しいことを知っているだけではダメで、実がない学問は人の心を豊かにすることはあっても、崇め奉るものではないと。

著者は「人間実用日用に近き実学」をまず学ぶことを勧めています。

具体的には、文字を習って手紙の書き方を知り、簿記や会計学が大事であると触れています。

地理学・究理学(哲学)・歴史・経済学・修身学の重要性を強調しており、広く実学を修めることによって、自主独立につながると述べているのです。

さらに、学問をするときには「分限を知る」ことが肝心と続いています。

ここで言うところの分限とは、「天の道理に基づき人の情に従い、他人の妨げをなさずして我一身の自由を達すること」とあります。

自由とワガママの境界線は、他人を妨げるかどうかという点にあるとのことです。

公共の福祉という言葉が現代にもありますが、他人の自由や財産を脅かさないかぎりにおいて、個人の自由は認められるというものでしょう。

そして、その境界線を知るためにはよく学ぶ必要があると。

本書の初編はわずか8ページで構成されていますが、一文ごとに著者の漲る思いが伝わってきます。

この本を読んだからすぐに何かが変わるというわけではありませんが、少なくとも学問をする人間が、基本となる軸に何を置いておくべきかがよく分かります。

学問とは学びたいと思ったときに、学ぶのが最適です。何歳であろうが、学問をするのに終わりはない。

しかし、学問を修める順番が大事であることを本書は気づかせてくれます。

初編を皮切りにそれぞれの編が展開されていきますが、福沢イズムとも呼ぶべき思想が随所に見られるのが本書の特徴です。

学びたい!と思ったときに、紐解いてみると思いがけない気づきがある1冊です。

————————————————————————————————

この記事で紹介している『学問のすゝめ』は、下記リンクのAmazonから購入可能です。

学問のすゝめ (岩波文庫) | 福沢 諭吉 |本 | 通販 | Amazon
Amazonで福沢 諭吉の学問のすゝめ (岩波文庫)。アマゾンならポイント還元本が多数。福沢 諭吉作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また学問のすゝめ (岩波文庫)もアマゾン配送商品なら通常配送無料。

また、各媒体で情報発信をしているので興味のある方は一度アクセスしてみてください。

ご質問などはこの動画のコメント欄やTwitterで受け付けています!

↓オーズチャンネルの登録はこちらから!↓

オーズLLC
オーズ合同会社の公式YouTubeチャンネルです。

↓オーズ公式サイト↓

オーズLLC
Over The Hill あの丘の向こうに

↓UXライター方山敏彦のブログ↓

UXライター・方山敏彦のブログ | ライター歴13年の筆者が伝えるライティングのサバイバル術!経営者としてビジネス的な観点も盛り込み、さらにYouTubeの活用方法もおすすめしていく。月収2~100万円までをコツコツとがんばりたい人のためのブログ。実践的なノウハウ公開と「方山式Writing」のすゝめ。意識を低くして、ゆるりとクリエイター生活を愉しむブログです。

—————————————————————————————————–

コメント

タイトルとURLをコピーしました