右腕

テクニック(右腕)

文章は構成が重要!結末から導入・内容につなげよう

今回は、「文章構成」に関するお話です。結論から言ってしまうと、文章構成は結論から考えるべきです。「この文章を通じて何を伝えたいのか」が定まっていなければ、構成など組み立てようがありません。
テクニック(右腕)

「こと」ばかりの文章は読みにくい!

文章を書いていると、つい使ってしまいがちな表現に「~すること」「~なこと」があります。「話すこと」「行動すること」「選ぶこと」など、用言(いわゆる動詞)を体言にするときに用いられます。用言をモノのように表現できるため、非常に便利な表現です。
テクニック(右腕)

結論を最初に書く! 長文を読ませるテクニック。

コラムなどの仕事をしていると、最初に「導入文」を求められることが少なくありません。導入文とは、その先の文章を読んでもらえるようにするための文章です。導入文では、「これから先の文章は、○○といった内容です」と提示し、読者が知りたい内容があることを強調します。
テクニック(右腕)

文は締め方が大切。断定か曖昧か。

文における断定とは、「だ」「である」「です」「ます」などの形で言い切ってしまう書き方です。逆に、断定ではない書き方は「だろう」「思われる」「いわれています」「でしょう」といった推測や伝聞を含んだ言い回しです。
テクニック(右腕)

「逆接」はここぞというところで!

逆接とは、それまでの話の流れを断ち切って、否定したり打ち消したりする文の書き方です。書き方は、「しかし」「ところが」「ただし」といった接続詞を用いる方法と、「~だが」「~だけれども」「~にもかかわらず」といった形で一文の途中から始める方法があります。
テクニック(右腕)

難しい言葉は使わない! 誰でもわかる文章を書く。

ライティングの仕事をしていると、何らかの専門的な知識を求められる文章を書かなければならない場合があります。すると、その分野でしか使われない単語が、文章のなかに現れるようになるのです。
テクニック(右腕)

同じ単語は極力避ける。語彙力を増やそう!

語彙力と聞くと、一般的にはあまり利用されないような熟語や慣用句、ことわざなどを習得することだと考える人がいます。もちろん、そうした言葉を知っておくことは決して無駄ではありません。しかし、ライティングにおいては、むしろ簡単な言葉を使えるようになることが重要です。
テクニック(右腕)

どこに置けばいい? 読点の利用法

ライティングにおいて、読点の使い方というのは意外と難しいところです。どの程度の頻度で利用するべきなのか、どこに利用するべきなのかなど、ルールが曖昧というのも原因でしょう。結論から言えば、読点の使い方に決まりはありません。読点の役割として、「文の調子を整える」「文の内容を明確にする」といったものがあります。
テクニック(右腕)

名詞は大事! 指示語ばかりは読みにくい。

指示語とは、「あれ」「それ」「あの」「この」などの代名詞であり、指示代名詞とも呼ばれます。指示語は大変便利な言葉であり、上手に利用することで文がスッキリとする効果があります。
テクニック(右腕)

「主観表現」はほどほどに。ライティングはブログではない!

文章を書くうえで、視点はとても重要です。小説でも、主人公の視点から語られる「一人称視点」と、ナレーションのような視点で物語が進む「第三者視点」では読者に与える印象は大きく異なります。